日々、積笑

笑って過ごせる毎日

軽い閉所恐怖症

Posted by yokka on   0  0



先週どっさり雪が降った時の様子
北海道の雪は基本的に軽くて木に積もることが少なく
下に落ちてしまうので珍しい景色


春の雪なんだねぇ
傘に積もる雪も重かった


さて

甲状腺の手術をしてから今年で4年
術後1年から医師の勧めで受け始めたPET検査も
今年で3回目


1年目、注射後に倒れて意識がなくなり
自分が迷走神経反射失神を起こすことを知った
厳密に言うと子供の頃から何度もあったが名前を知らなかった
ただの注射嫌いの拒絶反応かと思ってた


2年目、前年のことを踏まえて注射時は寝たまま行い
注射後の安静室への移動も車椅子で運ばれると言う
ちょっとしたVIP待遇になった
おかげで倒れる要素がなくなった


しかし、新たな問題に気づいた
私が受けてるPET検査はドームの部分が長く閉塞感がある
1年目は意識を失ったおかげでその事に注意が向かなかったが
余裕のVIP待遇になった2年目はその事がやたら気になった


画像撮影中の30分間動いてはいけないと思う気持ちと
目の前にドームがあり、そもそも身体が固定されていて
身動きが取れない事に圧迫感をひたひたと感じてきた


やばい、息苦しい


呼吸を整え、目をつぶったままでいたいが
どうしても目を開けてしまう
何とかギリギリのところで終了まで我慢できたが
あと数分長かったら「出してー」と叫ぶ恐れがあった
そう、私は軽い閉所恐怖症だったことを思い出した


映画でも換気口の中を這い回る映像や洞窟の映像をみると
息苦しさを感じて長く見られない


そんな2年目を踏まえ、次は1年半後の今回
閉所恐怖症のことが不安でならない


注射は相変わらずVIP待遇で安心
しかも優しい看護師さん、注射をしている間
(採血→液体注入に2分~3分ぐらい針を刺したまま)
ずっと私の手首に触れ脈を取っていてくれたので
今までになく注射の時間があっという間に終わった


お次は問題の画像撮影


安静室で1時間休んでからになるが、その時にふと気づいた
ドームの中にいることを感じなければリラックスできるんじゃないか


目を開けても見えない状況…


私は自分が持っていた白いマスクを手に取り
試しに鼻と口ではなく、目と鼻の頭にマスクをしてみた
そのまま5分ぐらい経過


苦しくない
圧迫感もない
目を開けられる、でも、見えるのはマスク
白いマスクなので光を通す
呼吸もできる


私のマスクは鼻の頭の部分に金属が入っていたので
PET検査では金属は禁止なのでマスクから取り除いて
金属なしの白いアイマスク完成


やった、見つけた


看護師さんに説明してオッケーをもらう
アイマスクも用意していると言われたが、
暗くて光を通さないことが圧迫感になりそうな気がした
使い慣れないマスクが気になる恐れもある…


白いマスクで行きます!


前回気付いてなかったので事前に言ってなかったが、
今回は閉所恐怖症と白いマスク持参で
技師さんもちょいちょい「大丈夫ですかー?」と
声を掛けてくれる
何かあった時の非常用ボタンも渡された
やっぱり言っておけば対応してくれたんだ
前回は自分の閉所恐怖症を忘れていたからしかたがない


腕は帯の様な物で固定され、頭もスポンジで両サイドから
固定されてるのでピクリとも動けないのは前回と同じ
しかし、白いマスクは私に効果絶大
目を開けたら光は見えるがドームは見えない
全然リラックスできる
息苦しさもない


気付いたら残り5分ぐらい寝ていたようで
終わりましたーで気付いた


やった、克服方法を見つけた
これで検査も怖くない


甲状腺乳頭がんは、のんびりゆっくりやさん
すぐにどうこう悪さをしない代わりに
残っているもう片方の甲状腺への再発や
ほかへの転移は10年後、20年後と言うこともあり
なんらかの検査は続くことになるんだろう


主治医が気にしているのは肺がんへの転移のようだが
これまで何も異常なし


今回もいつものように「何もなかったよー」と言う結果に期待
検査にも自分の身体にも気負わず柔軟に対応していくしかない


まずはPET検査でリラックスできたことが何より嬉しかった
ケアしてくれた病院にも感謝

やたら眠い

Posted by yokka on   0  0

前回甲状腺のことを書いた時、
疲れやすくて、検査でも甲状腺機能が落ちていると書いた。

さらにその後。疲れやすさと言うか、
食後に猛烈な睡魔に襲われるのでここ数ヶ月本当に困った。

自分で調べたら、食後高血糖と言う隠れ糖尿病かもしれない、と
不安になった。父が糖尿病だったし。
ちなみに年に一度の人間ドックで糖尿病と言われたことはない。
だから、隠れ糖尿病じゃないかと。

最近主人も少し調子が悪く、珍しくちゃんと病院に行くと言うので、
じゃあどうせ一緒に行くなら私も調べてもらおうと、
糖尿病の血液検査と尿検査を受けた。

結果は、私は糖尿病でも隠れ糖尿病でもなかった。
数値は健康そのもの。
やはり甲状腺機能が落ちているせいかもしれないので、
かかりつけの医師に相談してねとなった。
糖尿病じゃなくてホッとしたが、
来月受ける甲状腺ホルモン検査の改善が期待できない予感。

ま、それはそれでしゃーないな。

ちなみに主人も血液検査の結果は異常なしだったが、
せっかくなので詳しく調べたいと言い、
来月さらに詳しく検査を受けることにした。
何事もありませんように。

でも、気になる!病院に行くか!って時は直感に従うのもよし。

私の甲状腺がんが見つかった時、
色々想定して検査を受けたものの、
実際に手術すると決断するまでの経緯は
あれよあれよという感じで、
当時の自分の行動力を褒めたくなる。

何か病気が見つかった時、
医師は選択肢を提示してくれるだけで、決めてはくれない。
納得するまで医師に質問するもしないも自分次第。

病名は同じでも症状は個人個人違う。
考え方も、選択する道も違う。

医師は経験と全国的な症例からスタンダードを教えてくれるだけ。
それでもその医師なりの最善策を提示してくれるのだが、
自分がどうしたいか、どうしたらいいのか、
考えて早急に決めるのは一苦労だ。

でも最後に決めるのは、やっぱり自分。

決めたことを後悔したくないと思うけれど、
後悔することもあると思う。
そう言う私も手術は後悔してないが、
その後に受け続けている検査には、
これでいいんだと思えていない。
早期発見のためとは言え、
毎年受ける人間ドックとPET検査の医療被曝の不安は尽きない。

納得して受けているが、これが最善かどうかはわからない。
わからないことは逐一主治医に相談しているが、
未来のことは主治医にもわからないしね。

そうそう。私はいつからか、頭痛がするとか、
どこどこが痛い、変な感じがするとか、手帳に書き残している。
このブログもその一部かも。

自分の身体の小さな異変を見逃さないように。
数日続いてるだけだと思っていた異変が、
実は同じ症状が数ヶ月前から繰り返していた…なんてことも
書き残してないと気づかないものだ。

旦那のも一時期私の手帳に書いてたけど、
いつの間にか自分だけしか書いてなかった。
旦那のも書いとかなきゃね。

明日で結婚13年が経つ。
互いの健康を願う。



こうじょーせん

Posted by yokka on   0  0

相変わらずPC立ち上げられず、今日は久しぶりに体調の話を。
と言うのも、最近疲れやすい。

2月ぐらいから、買い物や出かけて帰ってくると
ぐったりしてお昼寝せずにいられないのが続いていて、
体力落ちた感じがしてたので、疲れながらも、
ちょこちょこ散歩して身体を動くモードに変更しようと
試みていた。

ちなみに台湾旅中も昼間一度ホテルに戻り、
夕方までがっつり昼寝してたおかげでなんとか乗り切れた。
うちの旦那は私が昼寝してると
「ゴロゴロ猫のようによく寝るなぁ」とか
「疲れてるんだねぇ」と温かい目で
笑って見過ごしてくれる神様のような人なので助かる。

それで、4月の定期検診。
甲状腺ホルモン機能が低下していた。
術後2年半で初めての数値。
先生は、今回だけかもしれないし、
季節の変わり目でもあるから様子みましょうってことだったけど、
疲れやすいのはこれだったのかもなあーっと納得。

ちなみにコレステロール値が術後3カ月ぐらいからずっと高くて、
なかなか下がらなくて悩ましいのだが、
いよいよ先生も、コレステロールが高いままなのも
もしかしたら甲状腺機能が低下してるせいかもしれないけど、
引き続き運動、食事で頑張ってみてと。

コレステロールが甲状腺機能のせいかもと
言われたのは初めてだったから、
やっぱりその可能性もあるよねーと心の中でうなづく。
(↑単に食事のせいにしたくないだけ)

おやつ、あれだけ食べてたら問題あるよな…

色々考えた結果、食事と運動のバランスを考えつつ、
腸活をしようかと。

善玉菌を増やす!

で、試しに色々やってみている最中である。
次は7月の検診までにコレステロール下げなきゃなあ。

コレステロールと疲れやすい以外は、身体に異変はなく、
毎日疲れやすいを口実にのんびり昼寝して
のほほんと暮らしているので、病気とはとても言えない…
ただのぐうたらな日々である。


あぁ。今年の桜ももう見納めだねぇ





3ヶ月ぶりの検診(甲状腺)

Posted by yokka on   0  0

久しぶりの病院。
毎回採血あるから数日前から憂鬱になる。
仕方ないけど、注射やだ。

左側の甲状腺を手術で取ってからもう間も無く2年。
今でも首の手術痕は白く線が残り、傷跡が時々引き攣ったと言うか、
締め付けられてるような感じもするが、まぁ、慣れた。

術後からそれまで基準値内だった総コレステロール値が
急激に基準値を超えていたので、
偶然行った内科で、甲状腺ホルモンが減ると
コレステロールが増えることがあるから気をつけてと言われた。

主治医に相談したら、言うほどホルモンは減ってないから
食生活だよ、気をつけなさ~いとのご指摘。

3ヶ月前、次こそは頑張ってきます!と主治医に約束し、
本日その頑張った成果が…。

見事、40ぐらい下がって基準値内で合格!
思わず、やったー!と主治医に言ったら、
1回だけじゃダメだよ、継続、継続。
と、私のことがお見通しのダメ出し。

はい、引き続き頑張ります…。

前回、左側のリンパ節に気になる箇所がと言われていたのも、
なぜか今回は消えていたらしい。
前回リンパ節が腫れてたのかも?と言われたが、
その後毎日、リンパ節に健康になれと念じながら
マッサージした念が通じたのであろう。
そんなわけない。けど、効いたことにしとく。

9月か、10月に術後2年だからまたPET検査受けたがいいね、と
嫌な予告。迷走反射失神で倒れたし。注射よりやだ。

それに、前回のPET検査の時に実は試しに持っている
空間線量を図れるハンディ計測器で線量の数値を測ったのだ。

東日本大震災後に今後に備えて買っておいたもの。
ただ、機械の信ぴょう性がよく分からなかった。
と言うのも、ずっと同じ数値を表していて
何度測っても数値が変わらないからだ。

で、試す気持ちでその体温計のような機械をPET検査に
行く時にバッグに入れて持って行った。

失敗したのは検査前に数値を測らなかったこと。
検査後、すぐに自分の体の近くで計測。

結果は数値が高すぎて計測不能。
何度やっても同じ。あれ、壊れたか?と思った。
PET検査後は排出に24時間かかると言われているので、
1時間おきに自分の体から数cmの距離と
手をピンと伸ばして片手の距離と2通り測り続けた。

数時間後、計測できるギリギリの数値が出てきた。
数cmの距離の方が手を伸ばした数値より倍ぐらい高い。
うん、どうやら機械は壊れてないらしい。
結果、26時間後ぐらいにいつもの部屋と同じ数値に戻った。

念のため、病院からの帰りの地下鉄では
人、特に小さな子供がいない場所に出来るだけ離れて立ち、
帰宅してからも数値が正常値なるまで旦那とは離れた部屋で過ごした。

だって、なんか詳しく知らないけど怖いしさ。
こんなことする人あんまりいないだろうけど。

そんな訳で、思わず主治医にPET検査と予告され、
えーっ!またするのー!と
思いっきり嫌そうに思わず言ってしまった。

今は元気だけど、元の病気は油断しちゃダメなんだよ。と、
軽く窘められる。

そうですね…。と、取り敢えず言葉を濁す。

CTだったら身体には残らないからまだましなんだろうか、と
家に帰りながら考える。まぁ、次に相談して決めよう。

こんなに元気なのによぉ~ってうらめしい。
一度がんのハンコを押されたら、
ずっとそのハンコがつきまとう。

甲状腺がんは10年単位で再発、転移の可能性があるから、
油断大敵。歳とってからの甲状腺がんは悪性度高いしね。
右側の甲状腺残ってるし。

気長に付き合っていかねばならぬ。
何度も言うが今は風邪引いてる人の何倍も元気だ。

ま、今日はまずはコレステロールを見事下げた
自分の頑張りを褒めとくとしよう。


ネガティヴ思考

Posted by yokka on   0  0

ここ数日、甲状腺のことで転移やら再発のことについての
ネット上の話題が目に入り、
そしてgyaoで無料配信してる海外ドラマで、
白血病にかかるヒロインのドラマを見てしまい、
気分がネガティヴに引っ張られがち。
そんなら見なきゃいいのに…って感じだけど、
ドラマの内容は良かったのでつい見てしまった。
シーズン1の8話まで見れたけど、それ以降配信あるのかな気になる。

甲状腺については、先生が術後2年ぐらいはしっかり見ないと、
と言い、PETか、CTを受けてと言ったことが本当だったんだな、と
色々な情報を見て思った。ドラマからじゃないよ。
まだ調べてきれてないけど、リンパ節転移した場合の今後の方針と
肺や骨への転移は何か血液検査で病気の兆候を示すものはないか、
なければまた1年後にCTでいいのか、確認しなくちゃ。

血液検査はもともと甲状腺ホルモンの数値だけだったので、
簡易の健康診断の結果を見て私からコレステロール値を出して
もらえるか頼んだので、毎回チェックすることになった。
自分から言わなきゃ、先生だってなんでもかんでも検査しないしね。

先生には聞きたいことは聞くし、説明もわかるまで教えてもらうが、
先生に会う前に何を聞くか、どこがわからないかをかなり
調べた上で、先生が出来るだけ短い時間で答えられる用に準備して行く。
先生の時間は待っている患者さんみんなの時間だもんね。

全然状況は違うけど、昔転職して新しい仕事に就いた時に、
わからないことが多すぎて先輩に色々質問していたら、
上司から、先輩に払っている給料は私の知らないことに答えるための
時間に払っていることになる。あなたにも給料を払っている。
先輩は本来会社の仕事をする時間なのに、会社としては損になる。
2人分の給料を使って教えてもらっていると自覚しなさい。と怒られた。

本当にそうだと思った。大卒後アパレルで数年働いたが、
自由にさせてもらいすぎて、社会人としてのマナーを知らなかった。
それ以来、仕事はもちろんだが、仕事意外でも人の時間を
私のために使ってもらうことへの敬意をちゃんと払えるようになった。
それで、本当に聞きたいことだけを端的に質問する癖がついた。
厳しいことを30にもなろうかといういい大人に
言ってくれた上司に感謝している。あー、恥ずかしかったなー。

話はまたさっきのドラマの話になるが(ネタバレ注意)、
がん患者の会の仲間で生前葬をするシーンがある。
その患者さんはもう長くない。
自分の葬式なのに自分が出席できないのが悔しいという話から、
仲間が生前葬を開いてくれる。
友人達はがんになった友達に、1人1人思い出話をする。
寂しいという人もいれば、今まで友達でいてくれてありがとうと言う人も。
本人は最後に、みんなに出逢えた人生は最高だったとお礼を言う。

私はまだまだ死なないけど、
生前葬って本当にいいアイデアだな、と共感した。
死んでからじゃ、会いたいみんなに会えないし、
今まで色々ありがとうって言えない。
まあ、100歳とかまで1人生き残ったら無理だけど、
もし私がみんなより先に死ぬことになりそうであれば生前葬にしたい。
旦那も私の葬式しなくて助かるだろうし。

手術前に少しだけ万が一のことを話した時に
葬式はしなくてもいいよ。と言っておいた。
札幌で葬式したってみんな大変だし。
うちの家族が何か言うようだったら弟に任せていいからと。

まあ、その万が一はなく無事に元気になったので、
その話はうやむやになったが、今後の参考に。楽しい生前葬。
ね、やっぱりネガティヴ思考でしょ。

私のこのブログは基本的に私の平凡な日常のことを綴っていて、
転勤族なんで、住んでる町の情報とか、食べること中心だが、
出来事をざっくりと紹介している。
本来なら震災のことや病気のことは重い話だし、
別ブログとかでした方がいいんだろうけど、
闘病ブログは途中で途絶えることが多い。
すっかり元気になったから病気の話題がなくなったのか、
それとも書けない事情ができたからか。

その人の5年後10年後、どんな風にしているのかがわからない。
だから、サボりがちな私のブログだけれど、
こんな病気があったけど、こんな風に生活してますよ。
と、どこか誰かの参考になればいいなと思い
カテゴリーだけ分けて同じブログに書いた。
病気も私の生活の一部ってことで。

できたら希望が持てるように長生きして
ブログ書き続けられたらいいけどね。
あ、やっぱりどこかネガティヴ。

そのような感じでどうぞお付き合いくださいませ。

それにしてもあのドラマはシーズン2まであるらしい。
気になって見たいけど、自分が病気になった気分になるのだけは
どうにかしなきゃな。普通に充分元気なんだから、やれやれ。

昨年9月の美瑛 四季彩の丘の写真でも見て
ポジティブ思考を取り戻そう。
いつも言うけど、今は雪だらけだからお間違いなく。














このカテゴリーに該当する記事はありません。