日々、積笑

笑って過ごせる毎日

北海道の春野菜

Posted by yokka on   0  0

店頭で「ヒトビロ」とか「キトビロ」という野菜が並んでいる。
ヒトビロもキトビロも見た目は同じに見えるので、呼び方が
違う同じ野菜だろう。しかし、生まれて初めてみる野菜だ。

「いったい何かなぁ、どうやって食べるんだろう?」と
思っていたら、函館の友達からのメールでその野菜は
「行者にんにく」だと判明。行者にんにくなら、
名前は聞いたことある。ちなみに「アイヌネギ」とも言う。

調べてみたら、動脈硬化防止などの血液をさらさらに
する山菜らしく、味もおいしいらしい。
おひたし、てんぷら、卵とじ、餃子、しょうゆ漬け、
ジンギスカン等が一般的な調理方法らしいが、
「さて、どうやって食べるかなぁ」と思案していたら、
ちょうどテレビで「行者にんにく」料理を紹介していた。

行者にんにくと桜えびのちぢみ。おいしそう。
よし、これにしよう。早速スーパーで買ってくると、
名前の通りにんにく臭がする。味は、ほのかに甘みがあり
柔らかく、確かにおいしい。旦那も絶賛していた。
春にしか味わえない野菜。我が家の春の定番料理になりそうだ。

DSC00194.jpg

(これぞ、行者にんにく!一束100円也)

腱鞘炎

Posted by yokka on   0  0

1ヶ月前スノボをしていて転び、その拍子にへんな手のつき方を
してしまい、右手親指に激痛が。突き指だと思って、2、3日湿布で
様子を見ていた。

怪我をして始めて気づいたが、日ごろの生活でいかに右手親指が
重要か。何をするにも、まず右手の親指と人差し指を最初に使って
いる。その度に怪我していること忘れて、「痛ーっっっ」と
悲鳴をあげて、一瞬手を押さえてフリーズ・・・。

何もしていなければ、痛みはないし、日がたつごとに痛みが
薄れた気もしてきた。でも、手を使っていて、ふとした時に突然
激痛が走ることは続いている。さすがに1ヶ月痛みが続くと
不安になってきたので、病院へ。

自分でも親指を曲げても痛くないし、間接付近を押しても痛くない
ので、具体的にどうやったら痛いと医師に説明できなかったのだが、
先生が「これは?」と言って、親指を外へ反らした瞬間、
「痛ったーいっっっ!!!」と思わず、絶叫。
さすが、先生見当がいい。診断は「腱鞘炎」だと。

手をよく使う職業病だと思っていたが、手を突いたことが原因に
なるのだろうか?と思ったら、「たぶん転んだのは関係ないですよ」
と言われた。でも、その日から痛いんだけど・・・。
いずれにせよ、突然の痛みに襲われる日々が早く終わってほしい。

『フラガール』

Posted by yokka on   0  0

フラガールスタンダード・エディション フラガールスタンダード・エディション
松雪泰子 (2007/03/16)
ハピネット・ピクチャーズ
この商品の詳細を見る


最近気になる邦画がたくさんある。
DVDが出たら見ようと思っていた一つ、「フラガール」。
ストーリー的には前評判でなんとなく想像がついちゃってたけど、
それでも、切なかったり、じーんときたり、ほろっときたり、
そして所々思わず笑える映画で、面白かった。

それにしても、松雪泰子さんがめちゃくちゃスタイルがよくて
綺麗で素敵なのと、蒼井優ちゃんが素朴で純真な中に
すんごい光ってて、めちゃかわいいところが、二人とも
女ながらに惚れ惚れした。後、しずちゃんが一人
ずば抜けてでかいところも笑えたけど。
それに、フラのステージがめちゃめちゃかっこよかった。

DVDを見終わった後、映画の中での方言がかわいくて、
思わずなにかお願いする時は「そのお茶とってくんちぇ~」と
使ってみる。しばらくうちで流行るだろう。

リンカイ

Posted by yokka on   0  0

「リンカイ」 ニュースでこの言葉が耳にとまる。
臨界状態、臨界事故、原子力発電。
曖昧な私の知識。なんとなく危険なことはわかる。
でも具体的にどういう状態で、どう危険なのかぴんとこない。

旦那と「臨界とは?」と話し合ってみる。
おおよそ、把握していたことで間違ってはいないようだが、
疑問は膨らむ。ならば調べよう。

臨界状態とは。そもそも原発とは。
そういえば、今現在日本のどこにどのくらいの数の原発があるの。
どうして今は原発にエネルギー供給を頼ろうとしているの。
原発にはどんなリスクがあるの。
事故にあったら、どんな被害が予想されるの。
被害を受けた人はどうなるの。

想像以上に、日本にはあっちこっちに原発があることに気付く。
そして、万が一にでも大事故がおきた場合、
多くの人が犠牲になるかもしれない。もちろん自分も含めて。

放射線をあびる、つまり被爆する。
日常生活でも放射線をあびていることは知っていた。
レントゲンや、胃透視、CT検査でも放射線をあびる。
病院で勤務する人達の被爆量を測る計測器を見たことがあるので、
少量の被爆に過度の恐怖心を抱くことはないと思っている。

しかし、被爆と聞いてイメージするのはやはり広島・長崎の原爆。
その瞬間に命を失うだけでなく、長きに渡って病を煩わせる。
人の死に関わるような大量の被爆。
それは一瞬の悲劇では終わらないことは歴史が物語っている。

生活していくうえでエネルギーは必要だ。
すでにたくさんの原発が日本に存在することもまた事実。
原発の必要性や安全性を考えてみるが、
ネットでかじった程度の知識と、すこぶる無知でどんくさい
私の頭では理路整然とした答えが出せない。

ネットで見ても情報は賛否両論、多岐にわたる。
正しい情報と間違った情報、もしくは過度に強調した情報との
区別ができるようになるには、いつものように
興味を持って知ることから始めるしかないようだ。

安全で尚且つ、エネルギー資源の乏しい日本を支える
エネルギーがあればそれに越したことはない。
しかし、リスクがあるとわかって存在している現状、
情報開示と安全性の徹底は最低限必要だと思う。
人災で原爆の悲劇を再び引き起こしてはならないと思う。
今出せる私の答えはこれだけしかないのがお恥ずかしいが・・・。

『UDON』

Posted by yokka on   0  0

UDON スタンダード・エディション UDON スタンダード・エディション
ユースケ・サンタマリア (2007/03/07)
ポニーキャニオン
この商品の詳細を見る

風邪引きの旦那の体調が、少し良くなってきたので、
久しぶりに二人でDVD見ながらのんびり過ごす。

「UDON」
その名の通り、讃岐うどんブームを題材にした内容。
讃岐うどんは、旦那に連れられて、十数軒は私も回ったことが
あるので、風景から山(特に讃岐富士!)、うどん屋と、
どれもが懐かしくてたまらなかった。うどん屋のおばちゃん達は、
実際にお店の人が出ているのもこれまた味がある。

北海道からは四国はなかなか遠いので、次にいつ行けるか
わからないけど、あのおいしそうなうどんを見たら、すぐにでも
行きたくなった。とにかくうどんが食べたくなる映画である。

ストーリーの中で「おいしいものを食べると自然と笑顔になる」
という台詞があった。突然、旦那が私の方をちろりと見て、にやり。
「ららは、まさにそのままだよね」とぽそり。

うどんをテレビで見ただけで、にやけている私。
美味しいものを食べている時が、至福の喜び。
子供の頃から、「あんたは嬉しそうにご飯を食べるねぇ」と
よくばあちゃんに言われたものだ。
こんな私、痩せるはずがないのである。(いやしかし痩せたい)

春近し

Posted by yokka on   0  0

日中の最高気温がようやく10度と二ケタになり、やっと春の予感。
とは言え、そこはやはり北海道。まだあるとこには雪があるのだ。
今月3日、4日とルスツへ今シーズン最後の滑り収めへ行って来た。

函館市内から車で片道3時間。朝5時に自宅を出発し、
8時過ぎにルスツのホテルに到着、という気合のいれ様。
ニセコと比べるとルスツは、本格リゾートって感じで、
ホテルの客室から館内の設備もゴーカな雰囲気だった。

ゲレンデの雪質は朝はがちがち、日中はべしゃべしゃと
重たくなっていた。ああ、いよいよ春になったんだと実感。
それでもちゃんとコースに雪があり、滑れるだけで存分に楽しめた。

そして、ルスツもまた山頂は絶景。
洞爺湖、羊蹄山、ニセコ、その他の山々・・・まさに北海道!
どこまでも続く山々に青い空、思わず雪の上で大の字になって
空に雲が流れるのをじっと眺める。この時期ゲレンデのお客さんも
少なく、誰もいないだだっぴろいコースにでーんと寝てても
へっちゃらなところも嬉しい。(念のためコースの端っこにいる)
SANY0484.jpgSANY0454.jpg

今シーズンは、グリーンピア大沼12日、七飯スキー場8日、
ニセコひらふ6日、ルスツ2日、合計28日のゲレンデ通いとなった。
名残惜しいが、スノボグッズは来シーズンまで片付けよう。
DSC00182.jpg

その代わり、冬にバイク屋に預けていたうちのバイク達をそろそろ
引き取りに行かなければ。次は、短い春夏の北海道を楽しむべく
ツーリング&山登りに切り替えることしよう。

該当の記事は見つかりませんでした。