日々、積笑

笑って過ごせる毎日

甲状腺の細胞診と祈り

Posted by yokka on   0  0

細胞診を受ける前、
なんとなく神社に立ち寄った。



何も考えず手を合わせたら、
自分でも意外な祈りを
一つ頭に思い浮かべていた。

これが自分の望みなのかと、
すごくシンプルな願いに今さら気づいた。

細胞診は無事に終わった。
甲状腺の血液検査の結果も異常なし。
CTでも甲状腺の外には異常なし。
甲状腺内にある結節の結果を待つのみ。

自分だけで考えると、準備のこともあり
悪いことばかり想像するが、
まわりからアドバイスをもらい、
甲状腺の結節は珍しくはなく、
良性なことも多いので、
結果が出るまでは気にするなとのこと。

で。少し冷静になれた。
どうしても手術だったら…と思うと、
頼るのは旦那しかおらず、
もちろん仕事があるので、
本当に必要な時以外は、
一人で対処しなければ、という不安や
焦りがあるからかな。

笑って過ごすのが何よりの対策よ、
とも、アドバイスをもらった。
不安や恐れが、病を呼ぶことになるなら、
笑ってバリアしておくべし。
笑笑バリア。

さて。
話は戻って細胞診のこと。
苦手な人は、読まないよう注意。

事前に体験談とか見てたら、
15秒ぐらいで注射と同じと書いてあった。

私の場合。
ベッドに横になると、洋服が汚れない
ようにと、襟周りが紙で覆われた。
細胞診の最中は、
喉を動かしたり、唾を飲み込まないこと。
声を出さないこと。
首を動かさないこと。と事前説明あり。
細胞診の前に麻酔注射をするとも、
説明を受けていた。
了解了解。

さあ、始まるよ。
エコーで、細胞診の場所を確認。
まずは、麻酔。普通の注射と同じ。
ところがチクっとした後、
「はい、次の箇所」と、2箇所目の麻酔。
いやいや、こっちは1箇所だと
思っているので、若干動揺。

麻酔の時点で目を閉じているので、
状況はわからないが、
首にも紙を置かれ、クリップみたいな
もので、細胞診の辺りをがっちり
はさんであるような…。

つうか、2箇所って聞いてないし。

いよいよ、細胞診。
確か15秒ぐらいっていってたよなぁ…
んで、心の中でカウント。
12345…30、31、32、…
40秒もなかったと思うが、
40秒に達していたら泣いてたかも。
我慢ギリギリだった。
しかも、吸い取られる感じが痛いし。

さらに、続けて2箇所目。

それ、先に言っとくべきよ。

また、心のカウント開始。
今度は15秒ぐらいだった。
痛みも最初よりましだった。

検査後は、止血のためガーゼとテープで、
首をがっち押さえてあるので、
処置室から出てきた私に
待合室のみなさんの視線が注がれる。

見ないで…ただの検査ですから…。

たしかに、我慢できない痛さじゃないけど、
精神的にやられた。
手術した訳でもないのに、
首にがっちりついた
ガーゼとテープの存在感で、
唾を飲み込むのが怖い。
まあ、飲み込めるんだが。

その後、診察して血液検査の結果を聞き、
首のガーゼは外して、
絆創膏に張り替えられ、帰宅。
当日は首を濡らさないために、
風呂はダメだと言われたので、
そのように。

翌日絆創膏は剥がしてね、と。
あまり長く付けているのも、
ばい菌が入るとよくないからね、と。

で、翌日旦那が出かけたお昼頃
そーっと剥がした。

見えにくいけどね。



首の中央の骨に沿って、
ポチポチと赤い印があるだけ。
全体的に赤いのは絆創膏などに
まけやすい体質なもんでね。
傷をみて甲状腺ってここなんだなぁ、
と再認識。

で、結果は6月中旬。
2週間後と言われたが、
旦那の勤務スケジュールを見ると、
夜勤の日だったので、
万が一悪い結果を聞いて、
仕事に影響があってはいけないので、
旦那の休みの日に行くことにした。

まあ、しばし笑笑バリアで過ごすべし。

それにしても、東北の子供達で、
甲状腺に疑いがあった場合、
こんな検査を受けなきゃならないんだと、
改めて辛い気持ちになった。

子供の場合動いてしまうので、
大人より大変らしい。
大人な私だって、びびったし、
後数秒時間がかかってたら、
泣いてたかもしれない検査。

簡単な検査だよなんて、
私は気安く言えないのであった。



月寒公園とスコーンと珈琲

Posted by yokka on   0  0

窓の外は夏の日差し。
気温も高くお出かけ日和。

買物に行く時、公園の前を通ると
ピンク色が広がっているのが
ちらちら見えていた。
月寒公園に行ってみよう。





緑が鮮やかな木々の間を抜けると、
あった。





一つ一つの花が太陽の陽を浴びて
喜んでいるようだ。
しばし、腰を下ろして深呼吸。
花の香りに癒される。

さてさて。
花の次は団子じゃなく、スコーン。
この前のが美味しくて、早速再訪。

『マムスコーン』さん





家で珈琲と一緒に。



今日は定休日だったが、
マムスコーンさん隣のカフェ

『リトルフォートコーヒー』さん

で買った、ディカフェのエチオピア。
珈琲豆は、ここしばらくずっと
徳光さん本店で買ってたけど、
こちらも美味しくて、お気に入りに。

花と、スコーンと、珈琲に
癒しと元気をもらった一日である。

◾︎ マムスコーン → ☆FB / ★食べログ

◾︎ リトルフォートコーヒー → ☆FB / ★食べログ

ニット完成と甲状腺の予習

Posted by yokka on   2  0

模様編みのニットが完成。



作品が掲載されている本とサイト↓



編み図はこちら ⇒ 

本当は丈が短く、ストンとした
シルエットだったが、
好みで丈を少し長く、
裾は後から目を拾い、
少し絞ったシルエットに変更。
デザイン変更はことごとく失敗する私。
懲りてない。
ゲージは指定通りだったが、
もう少し幅がすっきりした方が
好みだったかなぁ~とも思うが、
まずは完成を喜ぶ。
秋になったら、すぐに着よう。

次のビーズ編みの材料は揃ったが、
病院の検査やらなんやで、
教室にしばらく行けない。

と、言うわけで。手芸屋さんで、
3歳児用のサマードレスの編み図を
もらい、可愛かったので、
姪っ子にあげようと、取り掛かった。
近日完成予定。
姪っ子には帽子を編んであげたので、
帽子のお姉ちゃんと呼ばれている。
喜んでくれると、伯母さん嬉しいよ。

さてさて。
甲状腺の結節について。
今週細胞診とCTなのだが、
やみくもに不安になったり、
落ち込んでいてもしかたがない。
不安なのは、得体がしれないから。

まずは、細胞診について調べた。
体験談、どこぞの病院の説明書き。
ふむふむ。
首に針を刺すなんて、想像するだけで、
恐ろしいが、乳がん検診で、
細胞診したので、同じようなもんだろう。
注射嫌いな私。
目をつぶって対処するしかない。

次に甲状腺の結節について調べた。
まずは、今週説明があるであろう
血液検査の内容について。
何がどういう症状を表すのか。
意味、数値が示す状態。

良性の場合、その治療方法。
悪性の場合、その種類と治療方法。

万が一手術になった場合。
セカンドオピニオンの病院探し。
すでに病院もリストアップ。
手術方法や、傷跡への対策、
後遺症やリハビリの内容。

と、ここまでざっと予習済み。
後は、もう少し内容をしっかり頭に入れ、
先生がどんな説明をしても、
意味を理解し、質問ができるように
引き続き予習するのみ。

ここまでやって、少し気分が落ち着いた。
得体の知れない敵は
漠然とした恐怖を感じさせるが、
やつが何者か、どんな対抗手段を
取るかがわかれば、多少余裕もできる。

まあ、取り越し苦労なら万々歳。
何かにつけて、事前に調べないと
気が済まないのは私の性分。
準備万端で次回診察に挑むのである。

病院に行く決意

Posted by yokka on   0  0

4月に実家の母が倒れ、入院。
その際、検査をくまなくし、
いくつかの病気が見つかった。

その一つが、
甲状腺でプランマー病だった。
良性の腫瘍なので、手術して取れば
いいらしい。
他の治療もあったので、保留にしていたが、
ようやく手術の日にちが決まったと
連絡があった。

それを聞いた私。
自分の甲状腺も気になっていて、
病院にいつ行くか
決めかねていたのが、決心がついた。
甲状腺も見ている耳鼻科へ行った。

症状は、3年前から首にしこりがある。
甲状腺が腫れている気がする。
母が最近プランマー病と診断され、
自分も甲状腺を注意して見ていた。

という感じ。
診察後、首のエコー検査。
リンパの腫れは特に異常はないが、
甲状腺に結節があった。
これを調べたいので、
血液検査と、来週CTと細胞診検査を
しようとのこと。
で、血液検査して帰宅。

今の段階で医師がはっきりと
診断できることはないので、
何も言わなかったように見えた。

悪い方に考えればいくらでも
考えられるけど、医師が
現時点で何も言わなかったので、
良くも悪くも考えられず、
来週の細胞診が怖いなと思うばかり。

旦那は、と言えば、
病院に行った内容は伝えたが、
それについて何も触れない。
話をしようとすると、かわされる。
まあ、今の段階で何もわからないので、
憶測で話したくないんだろう。
それに、私が病気になったら…と
怖がっているようだ。

心配させてごめんなさいね~。

まあ、しかしながら良かれ悪しかれ
何かが見つかるなら早い方がいい。
だが、悪い結果だったら…と思うと、
やっぱり正直私も怖いかな。
まあ、ストレスはよくないので、
編み物に熱中してリラックスしよう。

不思議なことに、結節があると
言われた後から首に違和感を感じる
ようになった。
状態は朝と変わらないのに、
気持ちとはやっかいだ。

そう言えば、病院と言えば眼科。
右目の黄斑前膜は診断通りだが、
その後特に視力に変化はない。

右目と左目の視界が
一部分欠けてるところがあり、
眼科を変えて詳しく検査したら、
盲点だった。
みんな見えない盲点。
これが盲点なの~とびっくり。

目が見えなくなるかもと焦ったが、
こちらは完全に取り越し苦労だった。

甲状腺も取り越し苦労だったら
いいのになぁ。
あぁ、病院怖い。

アミモノの世界

Posted by yokka on   0  0

編物の教室に行き始めて2年。
習ってみると、自分の興味が広がれば、
編物にも色々な世界があるもんだと実感。

以前編み方をネットで検索しているうちに
海外の編み方が、簡単で綺麗な
仕上がりになることを知り、
海外の編物に興味が湧いた。

そこから、海外の作家さんの作品などが
気になり始めたが、英語の理解力、
編物の技術力で、まだまだ先のことと
ただの憧れになっていた。

けれど、内容だけは知りたかったので、
本を書い、いつか海外の作品を
編む時に参考にしようと、眺めていた。
この本 ↓



海外の作家さんの紹介や、ラベリーと
言うサイトについて書いてある。

そして最近、教室で海外の作り目に
ついての話題が出て、調べる機会があった。
調べていくうちに、やはりいよいよ
ラベリーを見るべきじゃないか…と
思うようになった。

そうすると、海外の編み方の本が気になり、
最近始めた電子書籍で安く購入できたので、
買ってしまった。



パラパラと見た感じ、思ってた以上に
字が多いことに尻込み。

この本をどうやって活用するか。
まずはラベリーも始めなくちゃ。

さてさて。
外を歩けば、桜吹雪が舞い散り、
リンゴの花は満開、下を見れば、
ツツジやチューリップ、芝桜と
一気に色鮮やかな風景になった。

そして、咲き始めたのがライラック。
毎年川下公園のライラックは
楽しみにしているが、
満開はもう少し先のようだ。

まずは近所のライラックを楽しもう。
可憐で華やかな花である。


ランチはパスタで

Posted by yokka on   4  0

昨日、気になって録画してた番組を見た。
安東英子さんと言う、
片付けや家づくりのアドバイザーさんの
片付け実例。

見ていると、『とりあえず』が
片付かない理由だ…みたいな発言。

耳が痛い‼︎
穴があったら入りたい‼︎

部屋を見渡すと、あれもこれも
『とりあえずここに置いておこう』
『とりあえず捨てずにおこう』
そんなんばっかりで、唖然。

見終わったら、なんとかせずには
いらなくなり、思いがけなく大掃除。

こんまりさんの時もかなり影響受けて、
処分するしないの判断をつけた
つもりだったけど、『とりあえず』か、
そうでないかで、判断したら、
まあ、とりあえずの多いこと。
それっていらないのと同じだった。

おかげで、自室はぴしゃーっと片付いた。
さあ、いよいよキッチンだ。
何をどう収納するか、
とりあえずのない、キッチンを目指す。

さて。
先日、お気に入りのお店でランチ。

『たつみキッチン』さん。





相変わらず美味しかった。
塩加減というか、味付けが濃過ぎず、
いつもすごいなぁ~と感心する。

ほがらかなご夫婦の雰囲気で
居心地がよく、長居して
ついついデザートまで食べちゃう。

…と思ってデザートの写真探したけど、
一枚もなかった。
来たらすぐに食べちゃうからだ…。
今度は写真を撮ろうっと。

お気に入りのお店である。


◾︎たつみキッチン → ☆HP★食べログ

幸せな気持ち

Posted by yokka on   0  0

昨日のこと。
お天気に誘われて
サイクリングロードをぷらぷら散歩。









思わずにやけるほど綺麗だった。
雪深い時を経て、
春になるとちゃ~んと満開に咲く桜。
今年もありがとう。

桜が満開を迎え、
もう散ろうかとするそばでは、
ライラックがちらほら蕾んでいた。

みんな春を待っていましたと
言わんばかりの花リレー。
楽しみが尽きない季節。

そんな、幸せ気分の昼が終わり夕方。
約束の誕生日ディナーへ。

札幌に来てからは我が家の記念日は
毎年ここと決まっている。

『新洋食 KAZU』さん。

相変わらずどれも美味しく、
そしていつも心配りが心地いい。

最後のデザートは、
予約時に誕生日と伝えて
お願いしておいた。



旦那も約束を果たせたとご満悦。
素敵なお祝いに感謝。

私も日々ガンバらなくちゃ。



◾︎新洋食 KAZU ⇒ ★ 食べログ

祖母

Posted by yokka on   0  0

ずっと一人暮らしをしていた
90歳の祖母が施設に入り
1ヶ月が過ぎた。

新しい環境は何かと不安だろうと、
一人暮らしの時よりも頻繁に
親族達が祖母に会いに行く日々。

通いで面倒を見ていた母が倒れ、
痴呆症がある祖母の一人暮らしは
限界だと祖母自身、また親族みんなの
意見が一致してのこと。

息子夫婦や娘夫婦もこれまで
幾度となく一緒に住むよう頼んだが、
早くに祖父を亡くし、
自分一人で好きなように生きてきた
祖母は、お試しの仮同居をする度に、
気に入らないと大喧嘩して帰ってきた。

私は一人で大丈夫。

それが祖母の口ぐせのように。

だから、施設でもストレスが
たまるのではないかと心配したが、
元々面倒見がよく、手が器用な祖母は
施設でする折り紙や塗り絵などの
評判がよいらしく、
すっかり仲間に溶け込んでいるらしい。

一人暮らしの時、話し相手は
母だけに比べたら、色んな刺激があり、
一日中誰かと話をするのも、
祖母にとっても、いいことのようだ。

家族と上手く生活でき、
一緒に生活できたら、
それが一番幸せだと思う。
祖母も我慢している部分もあるだろう。

けれど、祖母と家族の関係性は
今の状況が、ここ数年で一番いい。

会えば喧嘩するので、
次第に足が遠ざかっていたみんなが
また祖母の周りに戻ってきた。

意地を張り喧嘩しながら、
一人暮らしをしていた頃、
みんなで祖母のことを心配しあえる
こんなに穏やかな日々がくるとは
想像もしなかった。

祖母は、私は一人、と言ってたが、
みんながいることに
気付いてくれただろうか。
みんなの気持ちを幸せに感じてくれて
いたらいいなぁと思う。

さて。
すっかり私の趣味に定着しつつある
ボーリング。

最近1日に10ゲームまで、
集中力と体力が持続するようになった。

初の183のスコア以来、
202、そして今日213と
時々奇跡が起こるような
最高スコアの更新っぷり。

まあ、アベレージは140台なので、
本当にまぐれなんだけど。

遊びも真剣にやれば、
立派に趣味になるもんだと実感。
それと、何より集中力アップは
脳トレになってそうで、
40代夫婦には何よりな趣味である。

ちなみに今日のこれ。うふふ。



まずはアベレージ160越えを目標に。

42回目

Posted by yokka on   0  0

42回目のごーやの日がやってきまして。
当たり前の生活を
当たり前に過ごせる幸せ。

色んな人に色んな感謝の気持ちで
過ごした1日でした。

と、言っても…。
当初の予定では、
映画を観て食事でお祝い~だったのが、
旦那が夜勤明けで疲れていたので、
結局、どこにも出掛けることなく。
しかも、夜はいらない予定で買物も
しておらず、急遽あり合わせで鍋。

夜勤明けだとわかっていたので、
もしかしたら無理かもなぁ~と
半信半疑だったから、
やっぱりなぁという感じ。

楽しみにしてた分残念だったけど、
旦那の体調を考えたら、
出掛けても楽しめないし。
と、私は開き直りモード。

一方、旦那の方が誕生日に
何もしなかったことに
罪悪感があるらしく、
自己嫌悪で不機嫌だんまり。
たぶん、疲れていたのは事実だけど、
なんとなく面倒くさかったんだと思う。

そんなだんまりされてもね…。
ますます誕生日が嫌な雰囲気に
なるばかり。

「疲れてるから、
また次の休みにしよう~ごめんね。」

と言えば私も「いいよ~」で終わるのに。
ごめんが言えない、旦那さま。
不機嫌なので、私も話しかけずらいし。

私は専業主婦で家のことだけで、
旦那がちゃんと働いてくれてるから、
毎日の生活が送れることに感謝しきり。
だから、誕生日ぐらい気にしない
懐はあるんだけどね。

で。
もやもやと8日が終わり、今朝。
いつも通り明るい「おはよう」の挨拶。
どうやら機嫌はなおったらしい。

別の予定があったけど、
急遽映画に行こう~と言う旦那。

昨日見る予定だった
『アナと雪の女王』を観た。
しかも昼だったので、
ジャンキーなランチと共に。



生ビールにチリドッグに
キャラメルポップコーン。
まさに、ジャンク。
大人の映画鑑賞だなぁ~とご満悦。

映画も映像や音楽がよくて、楽しめた。
誕生日のやり直し成功。

帰り道歩いていると、
朝の雨がウソのような青空。
桜は満開。



家に帰ると、
「昨日は誕生日だったのにごめんね。
次の休みには食事に行こうね。」

と、やっと言えた旦那の一言。

「いえいえ。こっちこそいつもありがとう。」

で、ギクシャクモードの完全解除。

「ありがとう」は
もちろん嬉しい言葉だけど、
「ごめんね」も
それ以上に嬉しいこともあるもんだ、
と思った誕生日の翌日であった。

西へ

Posted by yokka on   0  0

今日は札幌の西をウロウロ。
ランチには久しぶり 『寺屋』さんへ。



お気に入りのかしわざる。
この鶏肉の天ぷらが、
柔らかくてサクサク。
うどんは讃岐のがっつりコシあり。

いつもと変わらず美味しかった。
写真撮るの忘れたけど、
おでんもこれまた美味しかった。
満腹、満足。

そのあとは、琴似神社へ。









旦那と二人で神社行ったのは元旦ぶり。
何をお願いしてるのやら旦那さま。
じっくり拝んでおりました。

琴似近辺は、桜がすっかり満開で、
花吹雪が風に舞って綺麗だった。



桜並木を見つけると、
不思議と気分が湧きたつ。

楽しい春の1日であった。


◾︎ 寺屋 HP→

該当の記事は見つかりませんでした。