日々、積笑

笑って過ごせる毎日

50年

Posted by yokka on   0  0

22日は祖母の月命日だった


22日の朝にふと思い出した


その日お墓にお参りに行く母に電話し、
私の分もお参りをお願いしますと頼んだ


祖母の家の荷物を片付けた時、
編み物道具がいくつか出てきた


私以外に編み物をする人は親戚中、
誰もいないので、ほとんど自分の自宅に持ち帰ってきた


その一つがこれ




約50年ぐらい前のキッズ用の編み物本


私が生まれる数年前の発行年になっていたので、
母が結婚した時にいつか生まれる孫を思って
祖母が買ったのかな、と想像する


スイスデザインなんだそうな
レトロな雰囲気で可愛いデザインがたくさんある


孫が生まれるのを楽しみに待っていた
祖母の気持ちが伝わってきて、ちょっとじんとする


思い出すことも供養の一つ


本を眺めながら、
祖母への感謝の気持ちを再認識した2月の22日だった

親孝行

Posted by yokka on   0  0

連休に旦那さまの実家へ行き、お掃除の手伝いをしてきた
両親も年を取り、何かと身体が不自由なので元気な我らで働くべし


その日は旦那さまの誕生日でもあったので
お義母さんに旦那さまを産んだ時の話や
子供の頃の話を掃除の手を動かしながらあれこれ聞いた


お昼にお義母さんと二人でお弁当の買い出しに行き
歩みがすっかり遅くなってしまったお義母さんと並んで
ゆっくりゆっくり歩く


食べることが好きなお義母さんだが、
食もめっきり細くなってしまった
結婚して14年、お義母さんもずいぶん年を取って
しまったなとつくづく思う


お義母さんが、いつか札幌に遊びに行きたいわと
ぽつりと私に言った


いつでも来てください、と言ったけれど、
年々足が弱っているお義母さんが札幌に来れるチャンスは
そう何度もはないだろうと思う


今年の夏にお義母さんを札幌に連れてこようと
旦那さまに言ったけれど、お義母さんの体力では無理だろうと
最初から諦めモードの返事


次回また春のお掃除に行く約束をしてきたので
その時に様子を聞いて再度提案してみようと企んでいる


旦那さまにはケーキも外食も用意する暇がなく、
お弁当で済ませてしまったけれど、
旦那さまには私からのお祝いの言葉だけでも。


あなたの生まれた日は雪が降っていたそうよ
安産で楽なお産だったわよってお義母さんが言ってた
賢い子に育つようにとお義父さんが名付けたんだって
お誕生日おめでとう
そしてお誕生日に実家をお掃除する孝行息子だ!
えらい!


自分も知らなかった自分のことに
もじもじして照れ笑いしていた旦那さま


掃除で家がピカピカになったと両親には喜んでもらえて
最初は乗り気ではなかった旦那さまも満足そう


旦那さまの誕生日は、お義母さんが旦那さまを産んだ日
そんな時に実家のお掃除ができて良かった
良い誕生日だった。

該当の記事は見つかりませんでした。