日々、積笑

笑って過ごせる毎日

リンカイ

Posted by yokka on   0  0

「リンカイ」 ニュースでこの言葉が耳にとまる。
臨界状態、臨界事故、原子力発電。
曖昧な私の知識。なんとなく危険なことはわかる。
でも具体的にどういう状態で、どう危険なのかぴんとこない。

旦那と「臨界とは?」と話し合ってみる。
おおよそ、把握していたことで間違ってはいないようだが、
疑問は膨らむ。ならば調べよう。

臨界状態とは。そもそも原発とは。
そういえば、今現在日本のどこにどのくらいの数の原発があるの。
どうして今は原発にエネルギー供給を頼ろうとしているの。
原発にはどんなリスクがあるの。
事故にあったら、どんな被害が予想されるの。
被害を受けた人はどうなるの。

想像以上に、日本にはあっちこっちに原発があることに気付く。
そして、万が一にでも大事故がおきた場合、
多くの人が犠牲になるかもしれない。もちろん自分も含めて。

放射線をあびる、つまり被爆する。
日常生活でも放射線をあびていることは知っていた。
レントゲンや、胃透視、CT検査でも放射線をあびる。
病院で勤務する人達の被爆量を測る計測器を見たことがあるので、
少量の被爆に過度の恐怖心を抱くことはないと思っている。

しかし、被爆と聞いてイメージするのはやはり広島・長崎の原爆。
その瞬間に命を失うだけでなく、長きに渡って病を煩わせる。
人の死に関わるような大量の被爆。
それは一瞬の悲劇では終わらないことは歴史が物語っている。

生活していくうえでエネルギーは必要だ。
すでにたくさんの原発が日本に存在することもまた事実。
原発の必要性や安全性を考えてみるが、
ネットでかじった程度の知識と、すこぶる無知でどんくさい
私の頭では理路整然とした答えが出せない。

ネットで見ても情報は賛否両論、多岐にわたる。
正しい情報と間違った情報、もしくは過度に強調した情報との
区別ができるようになるには、いつものように
興味を持って知ることから始めるしかないようだ。

安全で尚且つ、エネルギー資源の乏しい日本を支える
エネルギーがあればそれに越したことはない。
しかし、リスクがあるとわかって存在している現状、
情報開示と安全性の徹底は最低限必要だと思う。
人災で原爆の悲劇を再び引き起こしてはならないと思う。
今出せる私の答えはこれだけしかないのがお恥ずかしいが・・・。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。