日々、積笑

笑って過ごせる毎日

腱鞘炎

Posted by yokka on   0  0

1ヶ月前スノボをしていて転び、その拍子にへんな手のつき方を
してしまい、右手親指に激痛が。突き指だと思って、2、3日湿布で
様子を見ていた。

怪我をして始めて気づいたが、日ごろの生活でいかに右手親指が
重要か。何をするにも、まず右手の親指と人差し指を最初に使って
いる。その度に怪我していること忘れて、「痛ーっっっ」と
悲鳴をあげて、一瞬手を押さえてフリーズ・・・。

何もしていなければ、痛みはないし、日がたつごとに痛みが
薄れた気もしてきた。でも、手を使っていて、ふとした時に突然
激痛が走ることは続いている。さすがに1ヶ月痛みが続くと
不安になってきたので、病院へ。

自分でも親指を曲げても痛くないし、間接付近を押しても痛くない
ので、具体的にどうやったら痛いと医師に説明できなかったのだが、
先生が「これは?」と言って、親指を外へ反らした瞬間、
「痛ったーいっっっ!!!」と思わず、絶叫。
さすが、先生見当がいい。診断は「腱鞘炎」だと。

手をよく使う職業病だと思っていたが、手を突いたことが原因に
なるのだろうか?と思ったら、「たぶん転んだのは関係ないですよ」
と言われた。でも、その日から痛いんだけど・・・。
いずれにせよ、突然の痛みに襲われる日々が早く終わってほしい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。