日々、積笑

笑って過ごせる毎日

北海道の春野菜

Posted by yokka on   0  0

店頭で「ヒトビロ」とか「キトビロ」という野菜が並んでいる。
ヒトビロもキトビロも見た目は同じに見えるので、呼び方が
違う同じ野菜だろう。しかし、生まれて初めてみる野菜だ。

「いったい何かなぁ、どうやって食べるんだろう?」と
思っていたら、函館の友達からのメールでその野菜は
「行者にんにく」だと判明。行者にんにくなら、
名前は聞いたことある。ちなみに「アイヌネギ」とも言う。

調べてみたら、動脈硬化防止などの血液をさらさらに
する山菜らしく、味もおいしいらしい。
おひたし、てんぷら、卵とじ、餃子、しょうゆ漬け、
ジンギスカン等が一般的な調理方法らしいが、
「さて、どうやって食べるかなぁ」と思案していたら、
ちょうどテレビで「行者にんにく」料理を紹介していた。

行者にんにくと桜えびのちぢみ。おいしそう。
よし、これにしよう。早速スーパーで買ってくると、
名前の通りにんにく臭がする。味は、ほのかに甘みがあり
柔らかく、確かにおいしい。旦那も絶賛していた。
春にしか味わえない野菜。我が家の春の定番料理になりそうだ。

DSC00194.jpg

(これぞ、行者にんにく!一束100円也)

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。