日々、積笑

笑って過ごせる毎日

『片眼の猿』 道尾秀介

Posted by yokka on   0  0

いつものように題名に引かれて手に取った。

片眼の猿 One‐eyed monkeys 片眼の猿 One‐eyed monkeys
道尾 秀介 (2007/02/24)
新潮社
この商品の詳細を見る


初めて読む作家さんで、この本の前評判も何も知らなかった。
読み始めて探偵モノの推理小説ぽい感じかなぁと思った。

話の展開の中で、「あれ?」「これはどうなってるの?」と
曖昧な部分があるが、次々に起こる出来事が気になって気になって、
疑問は頭の隅に置いて、とりあえず先に読み進む。

読み終わると全てその疑問はみごとに解決される。
感想「なんだこりゃ。すっごい面白い・・・・」と
ちょっとびっくりしたほど。

いやまじ、面白さに驚きました。
道尾秀介さん、これからマイブーム来そうです。
いや来てるな。

(後日談)
旦那の感想は、
「面白かったけど、なんか話しに騙されているようで・・・・」と
なんとなくすっきりしない感じだった。
話に隠されている部分を面白いと感じるか、
感じないかで好みが分かれそうだな。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。