日々、積笑

笑って過ごせる毎日

『砂漠』 伊坂幸太郎

Posted by yokka on   0  0

時間があれば、本を読んでる。
本屋さんと図書館はだいたい週に1回訪れる。
おおよそ1週間に4冊ぐらい読んで、面白い!と思うのは1冊あるかどうか。
それが、今週は読む本読む本、どれも面白くて、ラッキー週だ。

砂漠 砂漠
伊坂 幸太郎 (2005/12/10)
実業之日本社
この商品の詳細を見る


北村は大学生。彼が大学4年間の友人達との思い出を、
春夏秋冬で回想していく話。

友人達のキャラクターがそれぞれとても個性的で、
彼らの会話の掛け合いがなんとも面白い。

学生ならではのひたむきさと、未来への希望、社会の現実、
そして色々な事件が、面白おかしく、それでいて、
主人公達の発言を通して、真っ直ぐ書かれている。

小説のような事件はなかったけど、
自分の大学時代もバカばっかりやってたなぁと懐かしくなったり、
自分の中に時々小さくくすぶっている正しいと思うことを、
(私もそういう気持ちわかる)と共感したりした。

伊坂さんの本は好きな本が多くて、
毎回ついつい期待して読んじゃうけど、
それでもやっぱり面白いから、すごい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。