日々、積笑

笑って過ごせる毎日

涼しい毎日

Posted by yokka on   0  0

本日も函館は曇り空。
やたら涼しいので、一人ぽっちの昼間は読書に最適。
コーヒーを入れて、しばしまったりとした時間を過ごす。

☆『アムリタ(上下)』 『キッチン』   吉本ばなな
今回は「ばなな」な気分だったようで。

どちらの本も「身近な人の死」と「家族的な愛」が
印象的だった。そんで、アムリタ読んだら、
無性に南国の海へ行きたくなった。そういえばどちらの
本にも主人公が「旅」する場面があったなぁ。

わかるようでわからない、それでいてなぜか自分の記憶に
リンクする部分が突然思い出されて、本を読んでいるようで
同時に自分のことを振り返っているような感じである。
ちょっと感覚的な、視覚的な、ぼんやりとしたい時に
この手の本をどうやらチョイスしているようだ。(自己観察)
よって本の感想を言うのは難しいが、「好きな本」であった。

☆『噂』 『メリーゴーランド』   荻原浩
早速、気になる作家の連続読み。

『噂』は殺人とか出てくるサスペンス小説っぽい。
映画とかになりそうな話、最後まで展開が面白かった。
一気に読んでしまった。結末は、全く予想できなかったなぁ。

『メリーゴーランド』は公務員の話。
なんか本当にありそうな話なのがウケた。縦社会はいやだねぇ。
権力や利害なんてできるだけ近寄りたくないよ。
推理小説かと勝手に想像して読み始めたので、まったりと
していてちょっと拍子抜けした感があったけど、
読んだことない感じだったので新鮮だった。
3作読んだ段階では、前回の『誘拐ラプソディ』が一番好きだな。

小さい時から本を読むのは好きだった。
本を読んでその場面が頭の中でイメージとして浮かび、
空想するのが楽しい。どうりで、空想好きになった訳だ。
そう言えば、私の周りの友人にも私を遥かに上回る空想以上の
妄想癖なA子がいたっけ。彼女は事実の話から突然空想の話に
流れが変わるので、人によってはどこまでが事実でどこから
空想なのか区別がつかず困惑する友人もいた。
「あぁ、ここからは空想だ」と私が彼女を理解できたのは、
自分が空想好きだからかもしれない。微妙だぁ。
ま、いずれにせよ、読書は楽しい。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。