日々、積笑

笑って過ごせる毎日

50年

Posted by yokka on   0  0

22日は祖母の月命日だった


22日の朝にふと思い出した


その日お墓にお参りに行く母に電話し、
私の分もお参りをお願いしますと頼んだ


祖母の家の荷物を片付けた時、
編み物道具がいくつか出てきた


私以外に編み物をする人は親戚中、
誰もいないので、ほとんど自分の自宅に持ち帰ってきた


その一つがこれ




約50年ぐらい前のキッズ用の編み物本


私が生まれる数年前の発行年になっていたので、
母が結婚した時にいつか生まれる孫を思って
祖母が買ったのかな、と想像する


スイスデザインなんだそうな
レトロな雰囲気で可愛いデザインがたくさんある


孫が生まれるのを楽しみに待っていた
祖母の気持ちが伝わってきて、ちょっとじんとする


思い出すことも供養の一つ


本を眺めながら、
祖母への感謝の気持ちを再認識した2月の22日だった

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。