日々、積笑

笑って過ごせる毎日

人生100年

Posted by yokka on   1  0

クロカンの大会、スノボ、福岡への里帰り&プチ旅行、
そして帰るなり、スノボ連チャンと我ながらタフな1週間であった。
いやはや、さすがに疲れが残っている。

久々の九州は、暖かかった。大宰府には梅、佐賀では
満開の菜の花を見た。函館の雪景色とのギャップがありすぎて
最初は戸惑ってしまった。母の還暦祝い旅行は、祖母共々
楽しんでくれたようで、とりあえず肩の荷がおりた。
母や祖母と一緒に風呂に入ったり、布団を並べて寝たりする
のは、いつぶりのことか覚えていないほど久しぶりだった。
親子三代水入らずもたまにはいいもんだ。

そんなことを思い起こしながら、福岡から羽田への飛行機に
乗り込む。福岡函館間は直行便がないので、羽田乗換にした。
その機内で、隣の席のご婦人と思いがけなく話しこむことになった。
私の祖母と年の変わらない方だったが、お一人で海外旅行をする
などとても若々しくはつらつとした女性だった。

60歳頃大病を患ったが、その病気が完治してから人生が変わった
そうだ。そして、数ある趣味の中から、今や海外に講師として
招かれるまでになったのが、「折り紙」であった。
私も、羽田までのおしゃべりの合間に、一つ折り方を教えて
もらった。作品は「くちびる」。海外に旅行に行く際、
暇つぶしに折り紙を折っていると、必ず周りの外国人の方に
興味を持たれ、機内でプチ教室が始まるそうだ。
社交的で、オープンなご婦人の雰囲気がきっと周りを取り込んで
しまうのだろう。ちなみに英会話は60代から習い始めたらしい。

元気がなかった私の祖母も、今回どうやら開き直れたようで、
「どうせなら意地でも100まで生きてやる!」と宣言していた。
隣席のご婦人にその話をしたら、同じように
「私も後20年、頑張らなくちゃ!」と、笑っていた。
80代の女性陣、貫禄が違う。しかも、これだけ元気があるのである。
嬉しく思うとともに、たかだか30代の私が負けてはいられないと
気合を入れられた気分だった。そして偶然にも共に旦那さんには
先立たれたという共通項を持ったご婦人と祖母の二人を見ていると、
やはり「女は強い」と実感する。

1時間ちょっと隣り合っただけの縁だったが、
今回の旅の締めくくりに、忘れられない素敵な思い出となった。

1 Comments

らら says..."おひさ♪"
今回は時間が足りなかったよ 泣
ま、おかんやばあちゃん孝行が目的だったからね。それにしても、函館ー福岡(羽田乗り継ぎ)が乗り継ぎ時間を合わせて4時間半もかかった~。外国かと思ったよ 笑
2007.01.31 00:33 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。